生活習慣病に効果のあるオメガ3脂肪酸

MENU

生活習慣病に効果のあるオメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、分子構造から不飽和脂肪酸に分類される成分で、体内で合成できない必須脂肪酸です。細胞膜の構成要素でもあり、高血圧などの生活習慣病の予防に効果があります。植物性食品に含まれるオメガ3脂肪酸は、αリノレン酸と呼ばれ、亜麻仁油やエゴマ油、くるみにも含まれています。青魚のイワシやサバに含まれているオメガ3脂肪酸は、長鎖オメガ3脂肪酸と呼ばれ、これに属するものがDHAとEPAです。特にこのDHAとEPAには、血管をふさぐ原因となるLDLコレステロールを減らす作用があります。コレステロールにはLDL、HDL、VLDLの3種類あり、LDLコレステロールは血栓を作り、動脈硬化を誘発します。さらにDHAとEPAは、不要なコレステロールを回収するHDLコレステロールを増やす作用もあるため、継続して摂取することで、コレステロール値が下がります。また、EPAには中性脂肪値を下げて、血液をきれいにする働きがあります。DHAには赤血球や血管の柔軟性を保つ作用があるため、毛細血管の中を赤血球がスムーズに移動し、細胞に必要な酸素を届けることができます。きれいな血液が体内を巡ることで、美肌にも効果があります。その他、心臓病やがんにも効果が期待できます。