血中コレステロールを下げる食品とは

MENU

血中コレステロールを下げる食品とは

血中コレステロールを下げる食品ですが、イワシ、サンマ、サバなどの青魚です。
青魚にはLDLコレステロールを下げる働きをもったEPA、DHAが豊富に含まれています。
EPAとはオメガ3脂肪酸で、血中の悪玉コレステロールを減らす効果があることから、脂質異常症の治療薬にも使用されています。
つぎにエゴマ油、アマニ油などのα-リノレン酸が含まれている油です。
α−リノレン酸は体内でEPAやDHAに変換されます。
摂取量の目安は一日小さじ1杯程度です。
α−リノレン酸は熱に弱いため、加熱せずにそのまま食品にかけて食べるのをおすすめします。
次にチアシードです。
チアシードとはしそ科の植物であるチアの種です。
α−リノレン酸が豊富に含まれています。
こちらの摂取量の目安は一日大さじ1杯程度です。
オリーブオイルもおすすめです。
オリーブオイルは不飽和脂肪酸の中でも酸化しにくいオレイン酸が豊富に含まれています。
オレイン酸は血中の善玉コレストロールは減らさずに、悪玉コレステロールを減らす働きをします。
摂取量の目安は一日大さじ1杯程度です。
大豆製品もおすすめです。

大豆にはレシチン、ビタミンE、サポニン、カンペステロール、イソフラボンなど、脂質異常症の改善に役立つ栄養素が豊富です。