動脈硬化とコレステロールの深い関係

MENU

動脈硬化とコレステロールの深い関係

血管は3つの層でできています。実際に血液が通る内膜、その外側に中膜、そして一番外側が外膜です。動脈硬化は動脈の一番内側の内膜に血液の成分などが溜まり血管の伸縮がなくなったりこぶのような隆起になったもです。動脈硬化はコレステロールと大きな関係があります。コレステロールは血液の中にある成分で善玉と悪玉の2種類があります。善玉は血管内にある余分なコレステロールを肝臓に運ぶ役目をしています。一方悪玉は肝臓からコレステロールを体全体に運ぶ役目をしています。どちらも体には必要なものですが、2つのバランスがくずれると大変なことが起こります。悪玉が増えるとたくさんのコレステロールを肝臓から取り出し体中に運ぶようになります。そして善玉が処理しきれなくなり、余ったコレステロールが血管に沈着します。すると血管に傷がつき、その隙間からコレステロールや血液の成分が血管の内膜に入り込み、どろどろの物質になってしまいます。これがこぶ状になって血管を通り道をふさいだり、血管の伸縮機能をなくしたものが動脈硬化です。悪玉を増やさないようにすることが必要です。悪玉を多く含んでいる食べ物を制限したり、スポーツなどで体を動かすことを習慣付けた規則正しい生活をこころがけることが大切です。